電力自由化電気代が安くなるプラン

電気代が安くなるプラン

私たちの生活に電気は欠かせないものです。もちろん、毎日の生活のなかで節約することは大切ですが、節約には限度があります。そこで気になるのが「電力自由化」です。今までは限られた会社からしか電気を引くことができませんでしたが、これからはたくさんの会社が電力事業に参加するため、私たち消費者は、どこから電気を引くのか電力会社を選ぶことができるのです。 いくつもの会社が参入するということは、価格競争が起こります。どの会社もお客さんを獲得するためにより安いプランを打ち出してきます。それを選べば私たちは電気使用量を無理に抑えたり、我慢しないでも、会社を変更するだけで電気代の節約になるのです。 問題なのは、たくさんの会社が名乗りをあげたために選ぶのが難しいということでしょう。携帯会社、ガス会社、旅行会社、ケーブルテレビなどなど、本当にさまざまな会社が「電気もやります」と言いだしました。そして多くの会社がそれぞれの商品と「セット」になる割引プランを発表しています。たとえばauなどの携帯会社は携帯料金がお得になる料金プランを設定しています。 ガス会社はガス代とセットになるプラン、ケーブルテレビは視聴料のセットのプラン、というようにです。もともとこれらの会社を使っていた人にとってはお得なプランだといえます。しかしそうでない人には、一様に安くなるとは限らないので注意が必要です。 また、ポイントを重視しているプランもあります。電気料金の支払いでTポイントが貯まる、などとうたっているプランです。多くの場合ポイントは現金がわりに店舗で使えるものが多いですから、これも利用する予定のある人にとっては値引きに相当しているといえるでしょう。しかしいくらポイントをもらっても利用できない環境にあれば無駄になるばかりです。 このように、電力自由化によって電気料金を節約するためには、たくさんの会社・プランの中から、自分の生活に合ったものを選ぶことこそが大切です。