電力自由化関西電力以外の電気

関西電力以外の電気

関西在住です。関西の一般家庭は関西電力から電力が供給されています。現時点ではまだ一般家庭ではどの電力会社から電力を供給してもらうかは選ぶことができず、関西電力の独占状態にあります。 関西電力は原子力発電所での電力の発電の割合が多かっただけに、東日本大震災以降は電気料金が高騰しています。 ようやく原子力発電所が際稼働する段階となり、今後徐々に電気料金にも反映されてくるはずです。とはいえ、関西電力から電力が供給されている現状では、全国的に見ても電気料金がかなり高く設定されています。 それだけに電力自由化で他の民間の電力事業者に変更するメリットも大きくなりがちです。もちろん自宅でどれくらいの電力を使っているかやその時間帯によってもメリットのあるプランは異なってくるといいます。 一概にネームバリューのある会社だから最大限メリットを引き出せるというものでもなさそうです。たとえネームバリューはなくとも、そして万が一倒産するようなことがあったとしても電気そのものは関西電力の送電網を伝って供給され、途絶えるタイミングはないといいます。 それだけに最大限家庭にとってメリットのいい会社をまだまだこれからじっくりと冷静に選べばいいということになります。電気料金だけでなく、自社のサービスとタイアップする形での販売も目立ちますから、どのような契約がメリットがあるかはじっくりと検討すればいいことでしょう。 ただ一個人で心配するレベルではないのでしょうが、電力自由化で関西電力から顧客が流出することにより、原子力発電に悪影響はでないかということは心配しています。特に長期に渡る廃炉作業が無事にできるかということやそのコストが十分に確保され続けるのかと言うことはかなり心配なことです。 国の政策であるとともに企業経営の課題にもなりますが、もし万が一ということがあってはならないことだけに、電力の自由化でメリットを受けたいと思う気持ちの向こう側で少し心配もあります。